26月XNUMX日(昇天)ショールーム閉店


Jeroen Rood

私の名前は、E&RClassicsの国際的な売り手と買い手であるJeroenRoodです。 私はドリーベルゲンのIVAで自動車と航海の経営管理を学びました。 勉強中、ERclassicsでインターンシップをしましたが、とても気に入ったので、最終的にはそこで働き続けました。 私はここで何年も働いて楽しんでいます。

私は16歳のときにERclassicsで最初の車を購入しました。 プロジェクトカーとして購入し、父と一緒に改装した白いボルボP1800です。 クラシックカーを復元するのに3年かかりました。復元が完了したとき、私は非常に誇りに思い、ついにクラシックボルボを運転することができました。 その間、私はボルボP1800でかなりの数キロを作りました、そして私はまだそれで定期的に休日に行きます。

私のお気に入りのクラシックカーはマセラティ3500GTです
私の絶対的な夢の車はマセラティ3500GTです。 私はこのイタリアの古典を、赤い革のインテリアを備えたダークブルーの色で見るのが好きです。

あなたが誰かにリフトを与えなければならなかったとしましょう。 それは誰で、なぜですか?
私が誰かにリフトを与えることができれば、それはトップギアの自動車ショーからのスティグでしょう。 多分彼は途中で私にいくつかのヒントを与えることができます…

あなたの最高の車関連の記憶は何ですか?
私の最高の車関連の記憶は、クラシックなポルシェを使ったスキッドコースです。 この日、私たちはあらゆる種類のポルシェクラシックで美しい乗り物を作り、スキッドコースで一日を締めくくりました。 これは私が決して忘れない思い出です!

E&R Classicsでの仕事がとても楽しい理由は何ですか?
ERclassicsで同じ日はありません。それは、私にとってとても楽しく、変化に富んだものになります。 クラシックカーを買いに行くとき、私はあらゆる種類の車愛好家に会い、最も美しい(クラシック)車を目にします。 イギリスのクラシックカーからドイツのスポーツカーまで、私はいつも美しいクラシックカーに出会うことに驚いています。